市販の白髪染めVSカラートリートメント

カラートリートメント?市販の白髪染め?どっちがいいの!?

 

 

 カラートリートメントのデメリット

 

染まりがいまいち。。。


 

 市販の白髪染めのデメリット

 

しっかり染まるけど仕上がりが気になる


市販の白髪染めはしっかり染まるけど、髪の毛の痛みや頭皮のかぶれが気になる。。。
カラートリートメントは髪の毛がツヤツヤになるし、頭皮にも優しいけど染まらない。。。

市販の白髪染めとカラートリートメントは両極端です。大前提として白髪を染めるために、何を優先にするのかによって利用満足度が異なります。しかし、現役美容師としてお客様の声を聴けば聞くほど、そのほとんどはアンチエイジングを目的とした事かと感じております。結論として私はしっかり染まるカラートリートメントを選ぶ事が一番ベストな解決策だと思っております。

 

市販の白髪染めが向いている人は以下の2点を重視している方です。

とにかく安く済ませたい

美容室で白髪染めを行う場合6,000円〜10,000円程かかります。カラートリートメントの場合は一本2,000円〜3,000円かかってしまいます。しかし市販の白髪染めは一本600円〜900円で販売している為、圧倒的に価格を安く白髪を染めてることができます。

即白髪を染めたい

美容室の場合は予約して当日対応してもらえるか不明かつ、白髪を染めるにも1時間〜2時間かかってしまいます。一方カラートリートメントは2〜3日かけて使用し、色が定着するので、即効性には欠けてしまいます。市販の白髪染めなら、コンビニやドラッグストアでも販売している為、急ぎの場合等では非常に便利です。

 

白髪染めカラートリートメントが向いている人は以下の2点を重視している方です。

とにかく美しい髪を手に入れたい

カラートリートメントは使用回数を増やせば増やすほどしっかり白髪が染まっていきます。さらに、白髪を染めるだけでなく髪を補修する成分やトリートメント効果が期待できる為、染めながらもしっかりツヤのある髪を導きます。美容室でも市販の白髪染めでも同様の手法で、アルカリ剤がキューティクルを開いてしまい、髪を傷んでいないように見せることはできても、実際は髪の毛に大きく負担をかけてしまっております。また、男性は市販の白髪染めでも傷んだ髪の毛を切ってしまえば気になりませんが、多くの女性の場合、キューティクルを開く白髪染めの方法を継続すると毛先がどうしてもパサついて不健康な髪になってしまします。

時間をあまりかけたくない方

カラートリートメントは何度も使用して待ち時間も10分〜30分と、時間がかかるんじゃないの?と思う方がいるかと思います。確かに、市販の白髪染めと比較をすると時間も回数も長くなってしまいますが、美容室と比較をした場合、お店を往復する交通時間+施術時間1時間から2時間と比較をすると圧倒的にカラートリートメントの方が時短できます。しかも乾いた髪に使用できるカラートリートメントなら、リビングでテレビを見ながら白髪染めをすることができますし、掃除やお洗濯も同様にできます。白髪染めをしていると同時に髪をツヤツヤにするトリートメントも配合している為、一石二鳥と言えます。

 

こちらがカラートリートメントと市販の白髪染めの比較表です。

カラートリートメント 市販のヘアカラー
料金


2,000円

3,000円
(1カ月)


600円

900円
(1回分)
時間


10分

30分
ほどを定期的に


10分

30分
ほどを月に1回
髪への優しさ


髪をほとんど傷めない

×


髪が傷む
色もち


定期的にケアする必要がある


長持ち

一見、表では△が多いカラートリートメントですが、なぜおすすめなのでしょうか?
白髪染めカラートリートメントは手入れが少し手間がかかってしまいますが、2〜4回使用していくうちにしっかり染まってきますし、
髪の毛を補修してくれます。使えば使うほど美しい髪を手に入れる可能性があります。
時間がかかってしまいますが、白髪を染めることは「若く見られたい」「年齢を重ねてもおしゃれをしたい」というアンチエイジング効果を期待している方にはカラートリートメントが一番おすすめなのです。

 

カラートリートメントは2〜3日連続して使用しないと染まりにくいと解説を行いましたが、最大限に効果を高めるために色々な口コミ情報があります。

乾いた髪に使用する

多くのカラートリートメントの場合、一度シャンプーをしてから軽くタオルで拭いてカラートリートメントを使用してくださいと説明書きがあるのですが、
よく説明書を読んだり、メーカーに質問してみると、乾いた髪にも使用可能とのことでした。実は濡れた髪では染まりにくいという点と、濡れた髪はキューティクルが開きやすいということもあり、可能であれば乾いた髪に使用するのがベストです。

 

10分放置が基準ですが30分ほどおいてみる

30分ほど時間をおくことによってより染料を髪に付着させることができます。

 

頭をラップでまく

カラートリートメントを一通り塗り終えたら、サランラップで保湿をしてください。そうすることにより、髪から染料成分が逃げにくくしっかり染め上げる事ができます。また、染料は熱とも相性が良い為、その上からドライヤーを充てる等するとなお良いです。

 

マイナチュレカラートリートメント

乾いた髪・濡れた髪併用可能!

@cosmeベストコスメアワード2018

上半期新作ベストヘアカラー部門受賞商品!

 

▼おすすめポイントはココ!

非常によく染まる白髪染めカラートリートメント

◎白髪/頭皮/髪すべてをケア!結果、エイジングケアを実現

◎自信があるから30日間返金保障付き

マイナチュレ詳細ページ>>

 

この記事を読んだ方にお勧めの記事

おすすめ記事【カラートリートメントランキング】

おすすめ記事【マイナチュレの口コミ】

おすすめ記事【カラートリートメントQ&A】